女優 烏丸せつこ・・・。

b0206074_0321315.jpg


やはり頭から離れない・・・。

昨夜の深夜、NHKで再放送!?された番組、”未解決事件 File03 "

例の尼崎連続殺人事件を検証、再現する主旨の番組だが、

その中で逮捕後自殺した主犯格の角田美代子被告を演じていたある女優がいた。


もちろん角田被告本人に迫る演技をするわけだから、迫力あるわけだが、

その女優の演技、オーラのようなものにしばしくぎづけになった。

見始めは、再現映像の特性上、どこかの劇団に所属する中年女性であることを疑わなかったが、

観すすめていくうちに、完全に自分も角田被告に脅されて監禁されている親族の一人に

なっていた。体は硬直し、瞬き一つ出来ないほどの、リアリティーと恐怖感・・・。

もちろん事件の残虐性も手伝っているが・・・。


気が付けば、番組はエンドローブに変わり、キャストの名が・・・。

角田美代子役 烏丸せつこ、と・・・。

久しぶりだなぁ・・・。

クラリオンガールから、映画「マノン」を代表するお色気系、そして今回の角田役。

確実に日本の名女優といわれる道を歩んでいるではないか。

今回も事務所が躊躇した出演オファーを二つ返事でOKし、「役者として演じたい一心。迷いやリスクは考えもしなかったですね」

と語る。

当時の記事を読み返したり、ネットで調べたりはしなかったらしい。

「特別に準備したことはありません。自宅の冷蔵庫にあの顔写真を貼ったぐらい。台所に立ちながらセリフを覚え、『あ、この人ね』と確認してみたり。」

と、気負うことなく極々、自然に淡々と役がらに挑む。

そしてあの演技になるとは。

久しぶりに日本の女優にプロフェッショナルを感じた。


もちろん、もちろん事件の残虐性も脚本力?も手伝っているのかもしれないが・・・。


私も職業は違えど料理の世界ではまさにプロフェッショナルである。

それも、日本での評価はどうであれ常に世界を意識している料理家である。

昨夜の烏丸の演技はまさに私のプロ魂をぶるぶるとたちふるわせた。

そして一夜開けた今でさえ、このブログを書いているいまこの時も、

胸騒ぎがするほどである。

是非私も人々にこういう気持ちにさせるプロフェッショナルでありたいもんだ。
by seijitsushimi | 2013-06-14 00:32
<< 永平寺に三好良久典座を訪ねて・... 変化した私の紅茶感・・・。 >>