清原は・・・。

b0206074_1832159.jpg

弱虫・・・。

昔から野球はあまり見ないけど。

それでも知ってるこの男。

清原。

男にモテそうなイイ男だよね。

永ちゃんとか、清原とか、なんか男くさくてむさくるしい系、俺は

嫌いじゃないなぁ。

顔の話ね。 逆に福山さんとか・・・。ん~~~。

ま、女性が好きそうね。


今回の覚せい剤事件、いろんな人がどうのこうの言ってるけど、

「弱い」のよ。結局は。

この一言に尽きる。

っていうか、人間はよわいもの。みんな。俺も。

すごいわかる。

だから、仲間と集い、家族を持つ。

孤独だったんだろうね。 さみしかったんだろうね。

野球しかなかったんだろうね。

球界で栄光をほしいがままに手にした男が、引退し、仕事もなくなり、

嫁に逃げられ、独りで部屋で薬を打つ。

凄いわかるなぁ。 

やめられませんもの。こればかりは。

私も10代のころ、手を染めた時期を経験しているので、すごいわかる。

フツーのやつは捕まるまで止めれませんよ。


だって捕まっても、またもどるんだもの。

もちろん俺は捕まらなかったけどね。

だからいいっていう話でもない。


今でも忘れない。


俺の最後は、「やばい、もうやめよう。人生が終わってしまう。」

って覚悟決めて近くの海に捨てに行った。


だけど、何週間かして海に捜しに行ったもんね。 

そんなんどっかに流れてて、見つかるわけないじゃない。


それくらい抜けられない。思考が狂ってしまう。



結構意思強い俺でも本当にやばかった。


だから、マークされてても捕まるまで止めることができなかった清原は、

「弱虫」。 自分に勝てなかった。 欲望と快楽に負け尽くしたんだね。
 

昔どんなに素晴らしいベースボールプレーヤーであっったとしても

彼のためにも社会は特別扱いしたり、擁護したり、同情してはだめ。


そうやってまた再犯するやつ沢山テレビでも見てきたでしょ。

徹底的に時間をかけて罪の償いをして、「もう、2度と手を出す気になれない」くらいまで

更生させないと、本人はもとより、また誰かが悲しむことになる。

本当に社会から麻薬をゼロにしたいのなら、もっと社会全体が

厳しい目を向けていかなくては。

少なくとも日本は覚せい剤の所持や使用だけでは死刑にならない。

だから日本から覚せい剤が撲滅しないという側面もあるわけだけど。

事実、海外では麻薬 =死刑の国だってある。

甘いんだよ。まだまだ。

国民が全員経験してみるといい。麻薬を。 そしたら本当に「ダメ!」

ということをもっと実感できるだろうに。

俺の場合も、若いころの経験がかえって

大人になって「絶対に手を出さない、出させない。あり得ない。」

という強い意志につながっているし、いい歳こいてそんなもんやってる連中見て

「こいつあほじゃねxxxxxxx-の??」と思ってしまう。



最近のOB会か何かのイベントでプレーする清原の映像を見たけど、

恐ろしいくらいにハラ(おなか)が出ていた。もうブヨブヨ。

彼は自分の健康管理よりも「食べる」欲求にも完敗している。

ここにも「弱虫」が顔をのぞかせている。

一ファンとして、本当に「強虫」になった清原氏の一日も早い社会復帰を待ち望んでいます。


以上
by seijitsushimi | 2016-02-04 23:30
<< One & only・・・。 幼稚・・・。 >>