私の三宅洋平考・・・。

b0206074_1757165.jpg


院選、都知事選とまたまた政治のえげつない部分を

えげつないネット情報やえげつないマスコミから散々情報もらって、

国民が騒いでるこの時期。


????だらけの政治の流れには改めて

長いものに巻かれまくる政界と国民の相変わらずさに


「しょうがないね」などとのんきに感じてしまう。


今回参院選で「選挙フェス」と銘うって、

ネットの世界ではそれなりに世間を騒がせた異端候補の

三宅洋平氏だけど結果は惨敗。

あえなく散った。私は支持できる部分とできない部分もあって

特にアクションを起こす気にはならなかったが、

彼の行動と結果をず~っと見ていて私は何かを感じ取った。

何故に思った以上に票が取れなかったか?

それは彼が純粋すぎたんだな。

ルックスにこだわり、スタイルにこだわり、

演説の方法にもこだわりすぎた。

貫くことは大事だが、「我」が強すぎた。

選挙は多くの支持層を取り込まないと多票は取れない。

ネット上でも明らかに

「政策と考えていることは理解できるがあのルックスは苦手」

みたいな意見はかなりあった。


一言でいうと、彼は本当の目的を見失っていた。

「国会へ私を送ってくれ」ではなかったのか?

それなら一票でも票をとることに全力を注ぐべきではなかったか?

たとえば都内で何度かやった選挙フェスの最後の投票前日の品川駅前演説くらい

髪整えて髭剃ってスーツにネクタイでも良かったと思う。

そして音楽止めて、ステージで土下座して

「なんな頼むからこの三宅洋平を国会へ送ってください。」

って心からお願いすればもっと多くの票は取れただろうし

支持する民も増えたに違いない。

たとえばそこに対して「三宅ぶれた!」なんて票を入れないやつが

いてもそんな票なんてもともと無効でしょ。

仮にルックスで入る票は本当の意味で支持票でもないし。

実際に若者の彼に対する反応で、ルックスがいいから支持という

意見はほとんどなかったように思う。


仮に彼が当確して国会へ行けてもあの格好では入れないわけだから。

いずれ身なりは直さざるを得ない。

こだわるべきは政策であり想いであってスタイルやルックスではないはず。

もしそこであるならばただウルサイだけで、個人的には

「もう出てくるな」となる。

今回三宅氏にわずかな「謙虚」さと少しの「ずる賢さ」が

あれば、もっと世の中にインパクトのある結果を出せたように思う。

そしてもちろんそのことを私の生き方にもフィードバック

できるところはあるように思った。


以上
by seijitsushimi | 2016-07-14 17:58
<< 大隅良典氏から学ぶこと。 美の意識・・・。 >>