<   2011年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

塩尻の父。

b0206074_18492027.jpg

塩尻市内に入るとひときわ目立つ”五一わいん”の看板 


ずいぶん時間がたってしまったが、前回のブログで紹介した勝沼醸造にお邪魔した後、その足で長野県は塩尻まで足を運んだ。
b0206074_1850758.jpg

交差点の名はまさに”桔梗が原”。 


今回目指すは五一ワイン。イメージとしては、ラベルに記してあるロゴから読み取れる、
長い歴史のある、それでいて少々地味なワイナリーで、最近注目のスター的作り手のような派手さはなく
本当に地道にコツコツと美味しいワインを作ってはコンスタントに売り続けているという感じ。
b0206074_18512395.jpg

創業100年以上を誇る歴史を感じるワイナリーである。 


見学させてもらったときに工場で瓶詰めしていた葡萄ジュースのラインを見ると、なるほどとも思える。
(この葡萄ジュースが飛ぶように売れるらhしい)


今回は非常にキャリアのありそうな、とても雰囲気のある 年配の菊池専務にわざわざ対応していただいた。
b0206074_18515981.jpg

菊池専務。よろしくお願いいたします。 


遅くに到着したので、ご迷惑は承知で、本当に心苦しかったが、とても親切に対応していただいたことに心から感謝したい。

醸造施設もさすがかなり年季が入っている様子。100年以上続くワイナリーであれば最もである。
b0206074_18524445.jpg

醸造施設には古いものもあれば新しいものもあり新旧が入り混じっている。    


最近、もっぱら若手気鋭のワイナリーへの訪問が続いたために、設備もそれなりに
近代化されており、ここへ来ると、なんか昭和の時代にタイムスリップしたような気になる。
b0206074_19131925.jpg

地面の扉をあけると地下に昔使用していたコンクリートタンクが・・。恐る恐る降りて行くと・・・。 


昔使用していたコンクリートタンクはワイナリーの歴史を感じる。
b0206074_18542100.jpg

現在はブランデーの入った樽が貯蔵されている。 


今も使用しているコンクリートタンクも見せてもらったが、大型のステンレスタンクが主流の昨今、
この、味に複雑味が加わるコンクリートタンクでの醸造はかえって興味がわく。
b0206074_18543120.jpg

こちらが現在も使用されているコンクリートタンク。中はかなり大きい。このサイズが3つあった。


施設を見せてもらっているうちに最も気になったのが、ここ五一ワインは他のワイナリーよりもスタッフが多く
午後の割と遅い時間での訪問にかも関わらず、皆がまだ動きまわり仕事をしていることだ。

専務によると、やはりこれだけのスタッフを抱えていると経費の面での負担が多く、さらに、基本、アルバイトは使用せずに
ほぼ全員社員採用している。これは地元の雇用に大きく貢献しているし、そもそも社長自身の精神であり方針らしい。
なかなか都会の零細経営者にとっては耳が痛いところである。
b0206074_1855051.jpg

スタッフは夕方まで一生懸命ワイン作りに励んでいた。写真は目減りした樽のワインを補填している。酸化を防ぐ大事な仕事だ。 


そのあといよいよ畑を見せてもらうことに。
ここはかのスマートマイヨルガー方式を改良した独自のハヤシスマート方式で栽培する棚栽培
が非常に興味深い。葡萄の枝をここで言うと南向きに誘引することにより葡萄に対する日照時間が最も長くなる効果があるらしい。
b0206074_18552890.jpg

b0206074_1856323.jpg

ハヤシスマート方式による棚栽培 
b0206074_185629100.jpg

b0206074_18565141.jpg


しばらく歩いてそれぞれの葡萄の畑を見ていると、先の畑からハヤシ社長が作業着姿で笑顔で迎えてくれた。
b0206074_18574491.jpg

こちらが先代林五一社長の御二男で現社長の林幹雄社長。毎日畑で作業をされている。 

毎日畑で作業するには見た感じご高齢で、フツーであれば引退され、一線を退かれ 、余生というものを楽しまれる
る年齢だろうが、林社長は違っていた。


「事務所で机に座っているとどうも調子がよくないんですよ。こうやって畑にでて作業しているのが一番調子がいいんです。」
b0206074_18582776.jpg

実際に病気にかかっているシャルドネの枝を切って断面を見せて説明していただいた。まさに農業家の顔です。 

今回一日で山梨と長野というハードなスケジュールで来たわけだが、このときに、あらためてこの社長に会えてよかった。
来てよかったと思った。

畑ではそれぞれの品種の特徴や栽培の難しさなど、非常に興味深い話を聞かせて頂いた。
中での塩尻でのピノ・ノワールの栽培の難しさは年によってはワインにすることすらできないほどらしい。

台木にピノの新芽を接木してクローンを育てているところや、ピノに限らず、苗を購入した時点で
病気やウイルスにやられていることも少なくないなどの話をされていた。
b0206074_19154312.jpg

この写真は、リースリングか何かの台木にピノ・ノワールの新芽を接木している様子です。ちゃんと育っているのが興味深い。 

農業において、自然と向き合うとはこういうことなのである。
b0206074_18595653.jpg

ブドウ園の歴史と品種別栽培分布図。 見ているだけでわくわくする。 


気候の変わりやすいこの地域独特のスコールのようなものがやってきて、そそくさと次は試飲させていただく部屋へと案内された。

五一さんの自信作が勢ぞろいしていた。フラッグシップでもある桔梗が原のメルローはやはり文句のつけようがない。
b0206074_1911964.jpg

中でも最後に頂いた「貴腐」に関してはリュブリアナ国際コンクールでも数々の金賞を取得しているだけあって見事な奥行きと味わいの貴腐ワインに仕上がっている。
b0206074_1917083.jpg

これまで数々の世界的な賞を受賞している。写真は95年のリュブリアナの金賞を貴腐ワインで獲得した。 

十数年前 葡萄に貴腐菌を発見し、散乱による近所への迷惑問題などを乗り越え、この非常に少量しか取れない希少なワイン
も最近では栽培がうまくいかず、ここ何年もりりーす出来ていないそうである。我々が頂いたものも1999年のものであり
実際にそれ以降は出来ていないそうであるから、さらに希少なワインである。
b0206074_1914724.jpg

見事なまでに貴腐菌の着いたシャルドネ。出来たワインから想像もつかないほどグロテスク。 


試飲しながら林社長と菊池専務は非常にざっくばらんに塩尻のこれまでの歴史などを話してくれた。
もともとコンコードや、ナイアガラなど甘いワインばかり作っていた栽培農家をメルローに切り替えた当時のエピソードや、
仙台のハヤシ五一氏、かの麻井氏、メルシャン、サントリーなどとのかかわりなど まさにドキュメンタリー話を
林社長はご自身で回想されるように話してくれた。

いずれにせよ、五一ワインがここ桔梗が原といえばメルローといわれるほど日本のメルロー栽培のきっかけと
土台を作り上げた功績は計り知れない。

自分にとって”塩尻の父”である 林幹雄社長と五一ワインを語らずして塩尻のワインは語れないのではないか?

残念ながら後継問題など、今後の方向性をお聞きすることは出来なかったが、(もちろん自分が心配する事ではないかもしれないが)現林社長がお元気なうちに
是非また、お伺いし、また地元で味わう「塩尻 桔梗が原メルロー」を感じてみたいと切に思う。

林社長、菊池専務はじめスタッフの皆さま、お忙しい中大変お邪魔しました。
そして 我々のようなものに対し、真に対応していただいたことに感謝いたします。
いつまでも元気で美味しいワインを作り続けてください。
b0206074_1932393.jpg

とてもいい訪問でした。ありがとうございました。 「お~い、石元っ!東京へ帰るぞ~。」

以上
by seijitsushimi | 2011-07-30 00:19