<   2011年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

日本ワイン界のシンデレラ!?

b0206074_23213718.jpg

今回お邪魔した中央葡萄酒さんの明野ヴィンヤードにて、ワイナリー犬のフェルミ!可愛いでしょ。 

うわっ!。またまた亀UP。(ブログでの紹介に余りにタイムラグがあるという意味)
途中まで書いて数日が、いや、10日以上が過ぎようとしている。
以降が先日途中まで書いていた内容。

すみません。数少ない当ブログの読者は、今回は間違いなく「がんこおやじの赤ワイン」の
仲村ワイン工房訪問記を 少なからず期待していると思うが、昨日お邪魔した中央葡萄酒さんのネタは下手をすると2012年にもちこされてしまうのでは?
と、いう心配から(記憶が薄れてしまう)、思い切って異例の翌日UPに挑戦しようと思う。

最終的には、これまで出会った全ての人の事は紹介する事は決めているので、また、時間のある時にでも
立ち寄ってのぞいてほしいと思う。

しかし暑い日が続く。
お盆も一応終わったとされる16日。渋滞の事は全く心配していなかったが、見事に中央高速の下り、おそらく分散型が影響して想定外の渋滞に巻き込まれながら、それでも何とか約束の時間通り
山梨県は勝沼、等々力に本社を置く中央葡萄酒さんへお邪魔出来た。

今日は一体どんな素敵な人に出会えるのだろう。
中央葡萄酒の看板を見つけて駐車場を見つけた瞬間から今回のストーリは始まった。

何やら中央葡萄酒の大番頭クラスの人かなぁと思わしき男性。もしかしたら我々の到着を炎天下の中で
待っていてくれたのか?そんなはずは・・・。

非常に紳士的で誠実そうなこの男性は、中央葡萄酒のセールスマネージャー、船橋清一さんだ。
すぐに、「時間が許せば、これから明野のキュヴェ三澤のヴィンヤードへ行かれますか彩奈さんも向こうで待っています。」と、非常に丁寧な言葉で提案して頂き、是非、そうして頂くことにした。

出発の準備をされている間、出されたのがマスカットベリーAを使って作った葡萄ジュース。
「これいいなぁ。」お酒飲めないお客さんでも喜んでもらえる。「これ買いです。」と船橋さんに告げると、にこっと笑顔で、「ありがとうございます」。なぜか心を開ける人だと確信した。
b0206074_23233475.jpg

夏には冷たく冷やしたマスカットべりーAジュース。いいね。 


中央に乗る前に勝沼のシンボル的存在畑”鳥居平”(とりいびら)の自社畑に立ち寄り、試験的に栽培している畑などの説明をして頂く。
b0206074_23541253.jpg

この山肌が一部禿げている場所が「鳥居平」。ねんに一度大文字焼きならぬ鳥居焼きが行われるらしい。 
b0206074_23585132.jpg

うっすらと「鳥居」が見えます。 
b0206074_23304575.jpg

勝沼町鳥居平の自社畑。鳥居平は勝沼において非常に歴史的価値のある畑だ。多くのワイナリーがここに自社畑、あるいは契約農家を持つ。 
b0206074_2331512.jpg

しかしこの日は暑かった。そう言えば勝沼は先日、日本最高気温を記録したな。  

b0206074_23311798.jpg

ここの畑は多くが上部にハウスの様なビニールシートがかかっている。確か福島の新鶴地区でもこのような栽培法がされていたな。コストを掛けてもいい葡萄を育てる工夫を感じる。左が今回大変お世話になったセールスマネージャーの船橋さん。人柄がにじみ出る、とても素敵な方です。 

b0206074_23313495.jpg

ヴェレゾンの始まるメルロー種。 

しかし暑かった。

中央高速を更に北へ車で約30分。 韮崎インターで降りて更に15分ほど山を登った所に明野地区はある。

標高は730mほどで気温の高低差が大きく、日本で最も日照時間が長いワイン作りに適している
土地柄である。
b0206074_01672.jpg

ヒマワリ ヒマワリ ヒマワリ ・・・・。 
b0206074_02127.jpg

抜け道を登っていくと何やら怪しげな巨大プラントが・・・。トマトの栽培プラントらしい。 なんかそそらないなぁ。 

映画のロケで使われたヒマワリ畑で有名なスポットがすぐそばにあり、夏休みの観光客の車列を避けながら、明野ヴィンヤードへ到着した。
b0206074_75166.jpg

船橋さんの真剣な説明を真剣に聞き入る二人・・・。 
b0206074_822648.jpg

明野の畑は本当に美しい・・。 
b0206074_833828.jpg

メルロー・・・。 
b0206074_83889.jpg

畑で丁度、摘房をされていた農園スタッフの青木康弘さんに会いました。しかし炎天下の中大変な作業だ。御苦労御察しいたします。 
b0206074_7523537.jpg

三澤彩奈さん。今後のさらなる発展が楽しみ・・・。 


フランスはボルドー大学を出て、南アフリカでのワイン作りの経験を生かし、ここ明野の地で、優秀なワインを造り続けている三澤社長の長女、彩奈さんを紹介して頂き、すぐさま今度は違う車に乗り換え
、再び船橋さんに、裏にある畑まで案内してもらった。
b0206074_810814.jpg

船橋さんによる熱心な葡萄のレクチャー。 

b0206074_8105142.jpg

まさにヴェレゾン真っ最中! 

葡萄は品種によってヴェレゾン(果皮が着色し始める)が始まっている。ここでは細かい説明はしないが、
とにかくいい葡萄を育てるために、いろんな知恵を出し、工夫をされた、それは美しいぶどう畑である。

もっとも興味を持ったのが、高畝(たかうね)で栽培されている甲州。主に野菜を栽培する時に用いる事が多い栽培方法だが、高く土を盛る事により、地温が上がり、根の生育が良くなり、何より則面からの水分の蒸発により、葡萄栽培には必要不可欠な水はけが良くなる効果がある。
b0206074_814137.jpg

高畝(たかうね)式栽培・・・。


葡萄栽培でこの方法を取り入れているワイナリーは自分にとって初めてである。

まだ試験的段階で、結果は出ていないらしいが、非常に期待できる。

いずれ、「キュヴェ三澤 甲州 高畝 樽熟成」などというワインもリリースされるんだろうね。真っ先に飲んでみたいもんである。

そのほかいくつかの栽培方法を試みているこのワイナリーの前途は非常に楽しみである。

畑から再びショップのあるゲストルームへ戻ると、テーブルには既に多くのワイングラスが並べられ、試飲の用意がされている。
b0206074_8154150.jpg

いよいよ試飲。 
b0206074_8162687.jpg

結論から言うと、本当に美味しいワインだ。しかし当然限定ものが多く手に入り辛い。 
b0206074_8165524.jpg



まさに致福!? とも言うべき時間である。

これまで正直、中央葡萄酒さんのワインに対しての印象は、さほど強くなく、コンセプトである「気軽に飲める・・・」みたいなイメージは確かにあったが、ここの自社畑を見て、船橋さん、醸造責任者である
彩菜さんとのお話、そして試飲をすれば、このワイナリーが実は何処へ向かおうとしているか、
わかる気がした。

消費者のすそ野を広げ、気軽に楽しめるワイン作りをする傍ら、とてつもないこだわりぬいた秀逸な一本を生み出す、ある意味、いい意味での「変態チック」な野望をこの、一見清楚で美人な三澤彩菜醸造責任者は
もっているのだと・・。

まさに、日本ワイン界のシンデレラ!?になりえるのでは無いか?
「変態チックな野望」という意味では自分と共通するところもあるな。

恒例の、「TSU・SHI・MI」の限定的ワインリストにオンリストするべく、このワイナリーの1本を提供してもらえるよう懇願し、今回、超限定の「甲州 垣根仕立て」等、数アイテムをお譲り頂くことになった。
(オンリスト時期は未定)

帰り際にサプライズだった。 彩奈さんのお母さん(グレイスの社長夫人)が明野の畑で栽培されている野菜を頂いた。 うちが野菜専門のレストランをやっている事をちゃんと調べて頂いていたのだ。
こういう配慮の一つ一つがこのワインメーカーの現在の地位と評価につながっている事は容易に想像が出来る。いんげんや、カラフルなトマト、春菊などなど、美味しい野菜をたくさんありがとうございました。
b0206074_827439.jpg

マダム三澤が獲れたて野菜を用意してくださっていました。        
b0206074_8282242.jpg

このワイナリーの創り出すワイン、そしてそこに従事する人々の情熱は、きっと近い将来、ものすごく大きな讃辞に値する結果をもたらし、さらなる飛躍へと永遠に続いていくのだろう。
b0206074_829837.jpg

フェルミは葡萄の絞りかすか何かを混ぜて食べているのだろうか?元気いっぱいだ。


船橋さんの運転で再び勝沼まで無事送って頂き、その道中では、船橋さん御自身の、これまでの華麗な経歴や経験の話に盛り上がり、あっという間の訪問を終えることになった。
b0206074_8203464.jpg

自分赤い顔してるけど大丈夫かなぁ、帰りの運転。 船橋さん本当にお世話になりました。 

最後の最後まで心を打つおもてなしをして頂いた船橋さんと、この中央葡萄酒という名のワイナリーの「志」の高さに感動させられた事に心より感謝したい。

さて、時間は多少押してしまったが、、次はビオディナミ、自然発酵を推奨し、今後、期待大なワインメーカー、
「山梨ワイン」さんへ向かう時間である。

はたしていつごろのブログUPになるか? 自分でも想像がつかない。すみません。

ではお楽しみに。
by seijitsushimi | 2011-08-28 08:29

なにわのワイナリー。Vol.1

b0206074_1964785.jpg

カタシモさんのフラッグシップともいえる「合名山」(ごうめいやま)シリーズ。カベルネソーヴィニヨン。次はいつ出るかなぁ。 和紙のラベルの淵がワインでしみているあたりがそそりますねぇ。 

ん~。いま思うとあれは確か東北の震災前、まだ日本が、国民が平和なときである。
2月だったように記憶するが・・。

いつもお世話になっている酒販店さんは京都から大阪入りすると現地駅で
待ち合わせ、これから一緒に大阪の主要ワイナリー2件を訪れる予定。
この数週間後、震災で世の中すべてが自粛ムードに染まり、このブログもしばらくは更新しなかったのを思い出す。
ここへきて、少しずつ記憶をたどりながら、掘り起こしてみよう。
b0206074_1922679.jpg

大阪へ来て電車乗るなんてすごい久しぶり。いざカタシモさんへ。ユニバーサルスタジオ行きの電車です。 

広島で生まれ育った私は、都会といえばまずは大阪。免許をとり、車を乗るようになれば、
よく友達と大阪は、なんば花月へ吉本の喜劇&漫才を見に行っていたことを思い出す。

関東より西を関西というのなら、広島も関西なので、気性や性格、何を考えているかくらいはなんとなく分かりあえる気がする。
b0206074_1912383.jpg

山本氏と2ショット。笑顔が芸人でしょっ。しかし足短くない?2人とも。カメラのせいだよね。きっと。


大阪の南のはずれに柏原というところがあり、かの関西メジャーワイナリー「カタシモワイナリー」がある。
西日本で一番最初に出来たワイナリーであることはご存知の方もいるだろう。
b0206074_1910648.jpg

ここもカタシモワイナリーさんの畑。斜面が急すぎて向こうが見えないでしょ。 


もちろん訪問は初めてで、名前を聞いたことのあるくらいの知識しかない。
同行した酒販店さんも訪問は初めてだし、今回の訪問を機会に取引を始めたいようだ。
商談も兼ねている旅だった。驚くことにその時点で主たる代理店というか取次店が
関東にはなかったということ。
それなら是非、自分も微力ながら、関西の底力ワインを関東のお客さんに
紹介したいなと考えた。

b0206074_19124216.jpg

ここはゲストルームの中。実際に使用していたワイン製造用の道具がそのまま保存、展示されている。歴史そのもの。 


ワイナリーに着いて、笑顔で快く迎えてくれたのが社員の山本氏。広報兼、社長に絶大な信頼を得ている
要(かなめ)の存在である。あいにく社長は入れ違いに出張で東北へ出かけられ、
どうしてもお会いすることが出来なかったようで、
「よろしく」という言葉を頂いた。

b0206074_1913890.jpg

うぅっ! よだれが・・・。 最上級グラッパが・・・。(欲) 

それから山本氏は、自身の話も交えながら、関西人独特のユーモアと活舌で畑まで我々を飽きさせることなく
案内してくれた。
何でも山本氏は、元、本物の吉本芸人で、コンビを組んで舞台で漫才を演じていた、いわゆる芸人上がりの
ワイナリースタッフである。

そうなれば、もう仲良くなるまでには時間はかからなかった。

b0206074_19133478.jpg

ここは中腹あたり。 すぐ向こうには街が見える。ぶどう畑が生活の一部に溶け込んでるんだね。 


畑はとにかく急斜面で、そこには、まるで動脈のごとくトロッコがめぐっており、収穫時期の葡萄運搬
になくてはならない道具になっているから想像がつくと思う。
b0206074_1914659.jpg

ほぼ大阪市内が一望できる。まだ上があるからすごいね。 


とりあえず畑、というか山のてっぺんあたりまで上り、舌を見下ろすと、さすが都会のワイナリーという感じで
巨大な街が一望できる。このような風景は、まさにワイナリーとしてはカタシモさんだけだろう。


b0206074_19143991.jpg

葡萄の棚をこの角度から見下ろすしたことなんてないんじゃないか?転げ落ちそう・・。 

ワイン的には、この標高と斜面が、葡萄に最大限に日射を与え、寒暖の差を生み、完熟となり甘みを増す。
結果として、優れた味わいのワインが出来る事は間違いない。

b0206074_19152439.jpg

もっとも長寿な、堅下甲州だったと思う。96歳らしい。関西では最も古いそうだ。
パイプで支えているのが痛々しい。が、ちゃんと生きているのが素晴らしい。わきにはトロッコのレールが。これもすごい。
 


b0206074_1916128.jpg

今だ実をつけるのが驚きだ。 恐る恐る下を覗き込むくらい急な斜面。 


天気も良く、気持ちのいい、ほぼ山登りの様な畑を降り、蔵まで戻ると、非常にノスタルジックで
ヒストリック、哀愁の感じるゲストルームへ案内され、試飲が始まった。
作業着姿に、ジャンパーだった山本氏が、今度は一変してアダルトなスーツにネクタイ。
おそらく髪型も整えてあったように思える。
まるで高級ホテルのシェフソムリエ張りのいでたちに、変身していた。
b0206074_19165278.jpg

b0206074_19171987.jpg

カタシモさんは関西でも甲州種を作っている。上品畑、宮ノ上畑と畑名もある。
それよりも、589本とある数字が、関東に来ない理由を物語る。美味かったなぁ。
 


b0206074_19173786.jpg

このあたりも入手困難です。 山本さんはご機嫌そう。


これは、おそらく客人をもてなすという気持ちからの行動だろう。
そこにさらなる、大阪のなにわの商人(あきんど)気質がうかがえて非常に愉しい。

ワイナリーへきて、ここまでの誠意、もてなしをされたのも初めてかもしれない。
しかし服装は変わっても、いい笑顔と、おもろい話は、相変わらず山本さんである。
b0206074_19181681.jpg

これは本当にお勧め。「TSU・SHI・MI」でも食後にお出しするとみなさん感激されますよ。 

泡、白、赤、その他、限定のもの、それも数百本レベルのリリースのものを試飲させてもらった。
残念ながら、ここ関西でも基本的に国産ワイン人気は非常に高く、こと、地元においては
かなりの支持を得ているワイナリーなのである。
ここカタシモさんの限定ワインは、どうやらなかなか関東まで及ぶことがないようだ。
帰京後トライしてみたが、すべて完売御礼らしい。
b0206074_19185949.jpg

デラウエアで蒸留したグラッパ。もう何も言うことはありません。あっぱれ!。 


しかしながら本当に関西のワイナリーもワイン作りとしてのレベルが驚くほど
高いと感じる。それも言葉を失うほど美味しいワインがある。

社長自らが手がけた自家製の蒸留機で生まれるグラッパや、梅を赤ワインで漬けて作った赤ワイン梅酒など、アイデアと発想力も、そして結果も、とてもレベルの高いものとして仕上がっている。
b0206074_19193847.jpg

さっそうと登場 後継人であり高井社長の長女 まきこさん登場!! この方の話にも非常に引き込まれる。 

後半になり、現在は社長の後継者として自ら子育てをやりながら、会社を切り盛りしている
長女のまきこさんが登場。これまた、話を聞いているだけで楽しい人で、どうやら最近まで東京で
それも丸の内でOLをしていたという、なんとも親近感の持てる社長令嬢である。
b0206074_19203068.jpg

山本氏とお二人で一度東京でワイン会をとラブコールを送っているが、まだいい返事はいただけていない。絶対に面白い会になることは間違いないのだが・・・。いつかお願いいたします。 


それがゆえに奇抜なアイデアや発想が今後のカタシモワイナリーのワインにどれほどの影響を与えていくのかが、未知数で、非常に楽しみなのである。
枝の剪定は栽培過程で、やることだが、彼女は、あるポリシーに基づき、
根を剪定することによる結果を検証しているそうだ。根拠は定かではないが、これまでの
ルールや、常識、伝統に縛られることなく、新たな試みをすぐに実践し、より優れたものを作り出そうとするそのスピリッツは、流石、ナニワの商人に通ずる大阪女性のDNAというものを非常に感じ取った瞬間だった。

東京に戻ってもしばらく山本氏と、マキコさんの記憶が頭から離れず、同じ日本の中でもこれだけ違う個性とキャラが
存在するんだということ、関東近郊の、いや、基本、関西独自に非常に特殊な人格と特徴をもっており、人を元気にさせるパワーみたいなものを潜在的か?、土地柄か?もっている。
南米や、スペインの人々が北欧の人たちより熱く感じるのと同じようにね・・・。

震災後にすぐに山本氏から、心配していただきメールを頂いた。
本当に人情味あふれる人たちである。

だから彼らの作るワインの味もまったくもって「人情味」のある、「人間味」のある
日本人が口にしてうなずくいいワインが生まれるのだろう。
今回は残念ながら高井社長には会えなかったが、カタシモワイナリーは、
また次回、必ずお邪魔したいワイナリーになった。

さて、次は、遅くならないうちに「がんこおやじ」に会いに行こう!
by seijitsushimi | 2011-08-04 22:30

最近感じた 8つの箇条書き

① 中国の新幹線問題。相変わらず我々の感覚では到底理解のできない事件を連発する中国はとうとう自国民の生命を脅かすまでの事件に発展したなぁ。

さすがの中国国民も身内の命を粗末にされたからにはいつもの反応とはかなり違い、国に対して怒りをぶちまけている。これは大きな進歩だ。

これまでのメディア規制が厳重にされて、知る由もなかった時代と違いインターネットなどで世界中に人々がオンタイムで真実を共有できる今、中国国民もグローバルな観点で物事を正確にかつ、適正に判断するべきである。日本人にも言えることだが。


② 海江田さん(経産省大臣)が何かの場面で、自らの進退を迫られ、いきなり泣いている光景をTVで見た。

ボスである立場の首相からことごとく裏切られ、当の本人は自分の延命のためだけに身勝手な発想と発言を繰り返してるし一生懸命寝る間もなく働いても報われない海江田さんの気持ちは痛いほどよくわかる。

だが、政治家は泣いちゃいかん。泣きたいのはまさに被災者であり国民である。どんなに悔しくても、悲しくても仕事おわりゃあ、うち帰ってごはん食べて風呂入ってふかふかの布団の上で寝れるんやから。
それだけで幸せすぎることなんやから泣いちゃいかん。海江田さん。


③ 今日、仕事中のたわいもない女子との会話の中で俺が、「男らしくないと女にもてんじゃろ。」と言ったら、
「今の女の子は男らしいとか、余り求めてないんですよ」とシャーシャーと言ってのけた。「何?」
どうやら、いわゆる草食男子ッちゅうやつらが主流で、どう見ても心身ともにへなちょこなやつらが受けるそうだ。

これに対して言いたいことはエベレスト山ほどあるが、ここでかみついてしまうと「いわゆる「おやじ」の仲間に入ってしまう。
だが、思うに今人気爆発な韓流ボーイらは、顔立ちこそ、かわゆくて女の子みたいだが、徴兵もされるし、芸能目指せばそれは過酷なトレーニングと指導、教育を受けなければ第一線のスターになれない。

中身はかなり鍛えられているだろうし、日本の見た目だけのへなちょこアイドルとはわけが違う。だから、世間に言う「草食男子」も中身はやはり男らしく一本筋の通った男であることにおおいに期待したいのだが・・・。



④ 元ヤンキースの日本人投手伊良部秀輝がロス郊外の自宅で首をつり自殺した。

野球に対して戦闘意識が非常に高くそれによって出てくる態度や行動に色々と周りから言われた時代もあったが、野球に余り興味のない俺でさえ、今回の伊良部の自殺には驚き、また、うなずいた。

知人や関係者はショックを隠しきれない様子だが、知人でも何でもない俺には「闘う男」の弱さやもろさは手に取るように理解できる。

TVで誰かが、「もう少しうまく生きれればよかったと思います。」なんてありがちの事言っていたけど、そんなのは全く「凡人」の考える発想で、彼にとって「闘う」と「勝つ」ということが人生のすべてだったんだよ。

自殺は愚かな行為だが、自殺する人間の気持ちは、俺みたいに自殺できないやつにはきっと分からないだろう。


⑤ Twitterやfacebook。自分も時間と気持ちに余裕があるときに利用しているが、これらは一体何だろう。

「人間どうしの関係」についてふと考える。

極論、世界中の全ての人々が「お友達」となり「フォロワー」となって、ネットでつながったらどうなる?

そうなればまたその関係の中で強欲、嫉妬、犯罪、詐欺、殺人、脅迫などなどリアルな人間関係で起きていることと同じことが起きるのではないか?タダそうなるまでの過程を我々は楽しんでいるのか?


⑥ 先日、ショッピングセンターのTシャツ売り場に「大丈夫。すべてうまくいく。いっている」と、手書き風に大きくデザインプリントしてあるシャツを目にして、確かに俺も人も多少は励まされるかもわからない。

現社会情勢、どこを見ても、この言葉で励まされる状況があり、確かに人の心をつかみ、シャツの売上数の向上にはつながるかもしれないが、今、うまくいっていない人のほうが多いんじゃないか?

と、言う事は、これは無責任な言葉に聞こえるが・・・。


⑦ 政府が今回の女子サッカーWCでの優勝を受けてなでしこジャパンにチームとしての国民栄誉賞を与えた。

「最後まであきらめない姿勢と日本国民に大きな勇気を与えた功績」とあるが、今のこの政権に与えられた栄誉賞、なでしこジャパンは、はたして真に嬉しいか?

 まさに政治家こそ国民に生きる勇気を与える最大のチームでなくてはならないのではないか?

見ててあきれる。滑稽である。

⑧ 自民党の3議員の、韓国への入国拒否の問題。

政治的背景と行為そのものは置いといて、映像で見る限り、韓国国民の一致団結的な行動力
にやはりこの国の国力というか、存在感を感じざるを得ない。

よく「日本人はおとなしすぎる」とか「冷めている」とか言われるが、国益の為、又、国民の為に
許せない事に対しては、やはり堂々と一致団結し、民の力で、国を動かすほどの「国民力」
が今必要なのでは? 

青山、銀座あたりの側道を同じ文句を繰り返し伝えながら、旗を持ってゆっくり練り歩いている、パフォーマンスをたまに見るが、あれで何かが変わるのか?

俺は間違っても過激派ではないが、どうも日本人は「眠っている」様にしか思えない。
by seijitsushimi | 2011-08-02 10:45