<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「道」・・・。

うゆうこともある。
b0206074_14255576.jpg



「我が道」を歩きたくて人は「独立」をめざし、成す。

私は「料理」という手段で、生涯をかけて自己の表現を目的とし、

同時にお客を喜ばせることで己を歓喜、奮い立たせ、更なる高い目標を掲げ、

それに向かっていく。


そして、その姿に魅せられ、集まってくる志の高い若者たちに

これまでの私の経験を伝え、成長していく様を見守り、時には本人の将来を憂い、

叱責し激励する。


彼らの成長と努力、お客の愛情により、レストランも共に成長し、

結果として、環境も向上しモチベーションも高まり、益々レストランは大きく膨らんでいく。


それが彼らの実経験となり、そのうち彼らも同じく「独立」を果たし、さらに大きな成功を

成していく。


「理想」でもなんでもなく、「普通」の「流れ」だろう。


この「普通」が、私の生きる「道」。

「王道」である。


だが今回は違っていた。


一人の人間により、

私の大切にしてきた「王道」に少々つまずいてしまった。



昨日、偶然に車のTVで、あいだみつをの「道」という詩に触れた。





長い人生にはなあ
どんなに避けようとしても
どうしても通らなければ
ならぬ道ってものがあるんだな

そんなときはその道を
黙って歩くことだな
愚痴や弱音を吐かないでな

黙って歩くんだよ
ただ黙って-
涙なんか見せちゃダメだぜ!!

そしてなあ その時なんだよ
人間としての いのちの根が
ふかくなるのは・・・・・




確かに生きていれば、思うようにいかないことは山ほど起こる。

が、ただ黙ってやるべきことをやり、壁を乗り越えられれば、
「いのちの根が深くなる。」、つまり人間として成長するということ。

まだまだ鼻くそ53歳になったばかりの私は、愛するスタッフたちの成長のためにも

平坦ではない「道」を 「王道」を 愚痴や弱音を吐くことなく、

黙って歩く背中を見せてこれからも歩くこと。

これも私の53歳の生きる「王道」でもあるんだな。きっと。
by seijitsushimi | 2015-02-23 14:28

大変申し訳ありません。

【緊急!】 拡散希望!!致します。

特に同業者の方々に緊急お願いです。
うちのサービス担当が急遽、職務上の責任を放棄し、
逃げ出しました。

責任感という意味でまったく理解できない行為で、
許しがたいことです。

そこで、どなたか接客のお仕事を手伝っていただける方
いらっしゃいましたら、ご紹介頂けないでしょうか?

今回の件で、取り急ぎ今後のご予約をお受けすることが出来なくなりました。
お客様には大変ご迷惑をおかけいたし申し分ありません。

何卒宜しくお願い致します。
by seijitsushimi | 2015-02-03 18:13