<   2015年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

もっとシンプルに考えられないものか?

しぶりのブログだが、なんかこの話題を書きたくなった。

「原発再稼働問題」。

私はジャーナリストでも専門家でもなく一市民であるから

、詳しいデータもなければ調査もしない。

日々の仕事に追われ、そんなひまもない。


が、今日日本では「効率」を求め、特に政府と

電力会社が中心となって原発をあちこちで

再開させようとしていることは一市民でも周知している事実。

もともとこの問題に当事者意識の低い私が、一応日本人であるがゆえに、

奇妙な日本の現状に少々違和感を感じることがある。

先日テレビをつけると同じニュース番組の中で、出し続ける福島原発の

汚染水の処理問題で、これから続くであろう数十年先までの

困難な問題を報道し、次のニュースとして、政府が原発再稼働に向けた

動きや調査を進めている報道をしている。

誠に不思議な国ではないか? 「原発ってこんなに恐ろしいんだよ~。

でもどんどん原発作ろうねぇ~」と言っている。


福島の原発事故をきっかけに、脱原発エネルギー政策に転換した

ドイツの女性首相が訪日、脱原発を

政府に促しても、当事国である日本としては耳を貸さず、

「あんたはあんた、俺は俺」スタンスを貫いた印象があった。

これもおかしい。


更には、たとえ自然災害がきっかけとは言えこれほど

大きな原発事故をおこし、少なからず諸外国にも迷惑をかけておきながら、

我が国の政治のリーダーは、国益の為、誇らしげに原発の技術を海外に

輸出しようとしているではないか?


原発が稼働していない現在、だから電気が足りていないと

実感している国民がいるか?

仮に足りていないとしてもLEDの普及や無駄の廃止など、

わずかな知恵と努力でなんとかなるだろう。

原発を抱える地域への補助金の廃止などで困る

住民も少なくないかもしれない。


だがもともとなかったと思えばいいわけだし、政府もこれから

「地方を元気に」を本気で取り組んで地場産業にスポットをあて、

取り組んで元気にしていけば? 実際地方が

そうなってきている実感もある。


そもそも、その代わりに今後、15万もの福島県民が

故郷を追われるような悲劇を100万パーセント経験しなくて済む。


以上のように、一市民の私(繰り返すが)でもこの問題の

不思議と疑問を感じざるを得ないし、そうすることによって

生まれるものは、国民の幸せや安心よりもやっぱり「金」である。

「金」の為に国民の生命を危険にさらそうとしていないか?


もっとシンプルに物事を考え、行動していくことはできないのか?

国民一人ひとりの「すこしの我慢」と「努力」で何事もなく、

少なくとも原発事故に対しては安心して暮らせる国づくりができるはずなのに。

シンプルがベストなのでは???


安部さん、官邸にドローン。そして放射能のマーク。

何やらきな臭い動きの予兆ではないでしょうか? 

今一度国民の安全を考えてシンプルな政策をお願いしますよ。


以上
by seijitsushimi | 2015-04-23 21:16