<   2016年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

三国清三氏から学ぶ「本物感」と、「一流感」。

b0206074_1274888.jpg


の歳にもなると、お手紙もらえて嬉しいとか

憧れているとかは、ん~。トランプかプーチンくらいかな?

それでも「いったいなんだろう?」程度かもしれない。

先日、あるパーティーにてご挨拶させていただいた

三国清三シェフから、はがきが届いた。

「なんで?」という気もしたが、よくよく考えてみると

その時に三国シェフは名刺をお持ちではなくて

「すみません今名刺が無くて」と、

おっしゃったのが記憶に残る。

もちろん自分にもそんなことはよくあることで、

「また次回お会いした時に・・・」などと。ごまかすわけでは無いが、

そのままになるパターンがほとんど。

名刺を交換できなかったので、その代りのご挨拶ということだろう。

それをかんがえると今回のこの三国さんの行動は

私の大好きな「本物感」「一流感」がある。

もともと私は若き修行時代から、生意気にも

「日本人で、海外で一人でフェアで客が呼べるのはができる料理人は三国さんしかいない」

と思ってきたし、今でも変わらない。

TVとか見ててもまず唯一、「なんちゃって?」ではなく

ちゃんとしたフランス語で現地スタッフとコミュニケーションが取れる。

日本のマスコミに踊らされることなくポリシーとパッション(情熱)を強く感じる。

この2点は私にとってとてつもなく魅力的であり憧れの料理人であった。

四谷のレストランも記憶にないくらい昔、一度お邪魔したが、

これまで出不精で料理人嫌いなわたしは面識もなく、

今回初めてお会いして、珍しく一言「憧れておりました」と伝えた。

才能の無い芸能人や有名人に、ほとんど興味もあこがれもない俺が

この一言は自分でも驚いた。

素直な気持だった。

二人きりでゆっくりと話してみたい気持ちもあったが、

場所の雰囲気もあって、それもかなわず。

そして今回の不意を突いたご挨拶の手紙。

巷では色々というやからもいいるだろうが、

「では、あなたにはこれができますか?」と問う。

そして私は、

「絶対にできません。気持ちはあるのですが。」

と応えるだろう。(笑)

そしてどうやら三国清三を越えられそうもない。


以上

b0206074_1282487.jpg

by seijitsushimi | 2016-12-17 12:18