人気ブログランキング |

離れる客と追う客・・・。

今回の俺の「TSU・SHI・Mi」への改造は自身の料理人としての大変革であり、まさにセカンドステージ、
第二の人生そのものでもある。凶とでるか吉と出るかは48男のポテンシャルの
高い低いにかかわるのであろうが、とにかく俺は最後には絶対に勝つ男なんで経過はその手段でしかないわけ。で、ミラヴィルの残像は一切断ち切ることで新たなる一からのチャレンジになるわけで、碌に常連様たちにもご案内をせずに、TEL番号も変え、URLのジャンピングなど、姑息な手段も取らず多少の勘違い
も、ものともせずに、静かにスタートを切った。最大限にリスクを取る、もう殆ど自殺行為だろ。この時代に値段も敷居もあげちゃうんだから。
それは本質をわきまえ長くやりたいと思ったから・・・・。 パブリッシュも最低限にすることで
マスコミどもへの反逆心もあり、取材も何も、これからはマイペースで、とにかく自身の仕事と店を守る。
"極"信念にもとづき、来店する客を喜ばせることを最高のコンセプトにする事に徹する。
張ったりじゃないのよ。ほんまに。
でね、当然、離れる客が大勢いるわけよ。当たり前じゃん。ミラヴィルに電話したら「現在使われていない」
アナウンスだし、移転の案内もせずに、HP見たら何時の間にインパクトのHPに変わっている。殆どの客は、
「あ、ミラヴィルはつぶれたんだ」と思うのよ。で、ネットであれやこれや探したら、
「お、リニューアルしてんじゃん」「オープンしてんじゃん」と、なり値段を見たら昼やめて実質の値上げで
、わけのわからんコンセプト打ち出してるし・・・。雰囲気もいまどき高級店みたい、と。
で、当然のように常連客達が去ったね。
反面、それでも何とか探し当てたかのごとく予約を入れ、来店してくれる客がいるのよ。
今日もそんなご夫婦がいた。やっぱり俺は嬉しくてしょうが無いわけ。
だって以前にも碌なもてなしが出来てたわけがなく、それでも足繁く通って頂き、更に今回、
ちゃんと探し当て再訪して頂いた。それもご自身の気持ちで・・。
今日だけではないが、結構そういうお客さんがいる事に、ちと、またうぬぼれる俺がいるわけだが・・・。
涙がちょちょ切れる想いがする(最近あまりつかわないなぁ ちょちょ切れるって。笑)
当然誠心誠意の気持ちでおもてなしをする。

店には仮に何かが変わると「離れる客」も、「追う客」もいる。どちらも現実であり・・・。
ただ俺は料理人でこの人生を終われるのであれば、後者の客にこそ人生をかけた料理を
たべていただいきたいと思うのもこれまた現実ではないかと思った今日のランチタイムであった。

決してエコひいきではなく、単純に俺はこのような「客」と「店」の関係でありたいと思う
俺の独断と偏見であり、それが俺のストーリーなのよ。?
だってそういう客が必ず「TSU・SHI・Mi」を育ててくれるからね。
誰でもそういう店が一件くらいあれば楽しくないかい??
by seijitsushimi | 2010-12-20 00:46
<< 滝川クリステルのイメージ・・・。? やるじゃん 船田君。 >>