人気ブログランキング |

最近感じた 8つの箇条書き

① 中国の新幹線問題。相変わらず我々の感覚では到底理解のできない事件を連発する中国はとうとう自国民の生命を脅かすまでの事件に発展したなぁ。

さすがの中国国民も身内の命を粗末にされたからにはいつもの反応とはかなり違い、国に対して怒りをぶちまけている。これは大きな進歩だ。

これまでのメディア規制が厳重にされて、知る由もなかった時代と違いインターネットなどで世界中に人々がオンタイムで真実を共有できる今、中国国民もグローバルな観点で物事を正確にかつ、適正に判断するべきである。日本人にも言えることだが。


② 海江田さん(経産省大臣)が何かの場面で、自らの進退を迫られ、いきなり泣いている光景をTVで見た。

ボスである立場の首相からことごとく裏切られ、当の本人は自分の延命のためだけに身勝手な発想と発言を繰り返してるし一生懸命寝る間もなく働いても報われない海江田さんの気持ちは痛いほどよくわかる。

だが、政治家は泣いちゃいかん。泣きたいのはまさに被災者であり国民である。どんなに悔しくても、悲しくても仕事おわりゃあ、うち帰ってごはん食べて風呂入ってふかふかの布団の上で寝れるんやから。
それだけで幸せすぎることなんやから泣いちゃいかん。海江田さん。


③ 今日、仕事中のたわいもない女子との会話の中で俺が、「男らしくないと女にもてんじゃろ。」と言ったら、
「今の女の子は男らしいとか、余り求めてないんですよ」とシャーシャーと言ってのけた。「何?」
どうやら、いわゆる草食男子ッちゅうやつらが主流で、どう見ても心身ともにへなちょこなやつらが受けるそうだ。

これに対して言いたいことはエベレスト山ほどあるが、ここでかみついてしまうと「いわゆる「おやじ」の仲間に入ってしまう。
だが、思うに今人気爆発な韓流ボーイらは、顔立ちこそ、かわゆくて女の子みたいだが、徴兵もされるし、芸能目指せばそれは過酷なトレーニングと指導、教育を受けなければ第一線のスターになれない。

中身はかなり鍛えられているだろうし、日本の見た目だけのへなちょこアイドルとはわけが違う。だから、世間に言う「草食男子」も中身はやはり男らしく一本筋の通った男であることにおおいに期待したいのだが・・・。



④ 元ヤンキースの日本人投手伊良部秀輝がロス郊外の自宅で首をつり自殺した。

野球に対して戦闘意識が非常に高くそれによって出てくる態度や行動に色々と周りから言われた時代もあったが、野球に余り興味のない俺でさえ、今回の伊良部の自殺には驚き、また、うなずいた。

知人や関係者はショックを隠しきれない様子だが、知人でも何でもない俺には「闘う男」の弱さやもろさは手に取るように理解できる。

TVで誰かが、「もう少しうまく生きれればよかったと思います。」なんてありがちの事言っていたけど、そんなのは全く「凡人」の考える発想で、彼にとって「闘う」と「勝つ」ということが人生のすべてだったんだよ。

自殺は愚かな行為だが、自殺する人間の気持ちは、俺みたいに自殺できないやつにはきっと分からないだろう。


⑤ Twitterやfacebook。自分も時間と気持ちに余裕があるときに利用しているが、これらは一体何だろう。

「人間どうしの関係」についてふと考える。

極論、世界中の全ての人々が「お友達」となり「フォロワー」となって、ネットでつながったらどうなる?

そうなればまたその関係の中で強欲、嫉妬、犯罪、詐欺、殺人、脅迫などなどリアルな人間関係で起きていることと同じことが起きるのではないか?タダそうなるまでの過程を我々は楽しんでいるのか?


⑥ 先日、ショッピングセンターのTシャツ売り場に「大丈夫。すべてうまくいく。いっている」と、手書き風に大きくデザインプリントしてあるシャツを目にして、確かに俺も人も多少は励まされるかもわからない。

現社会情勢、どこを見ても、この言葉で励まされる状況があり、確かに人の心をつかみ、シャツの売上数の向上にはつながるかもしれないが、今、うまくいっていない人のほうが多いんじゃないか?

と、言う事は、これは無責任な言葉に聞こえるが・・・。


⑦ 政府が今回の女子サッカーWCでの優勝を受けてなでしこジャパンにチームとしての国民栄誉賞を与えた。

「最後まであきらめない姿勢と日本国民に大きな勇気を与えた功績」とあるが、今のこの政権に与えられた栄誉賞、なでしこジャパンは、はたして真に嬉しいか?

 まさに政治家こそ国民に生きる勇気を与える最大のチームでなくてはならないのではないか?

見ててあきれる。滑稽である。

⑧ 自民党の3議員の、韓国への入国拒否の問題。

政治的背景と行為そのものは置いといて、映像で見る限り、韓国国民の一致団結的な行動力
にやはりこの国の国力というか、存在感を感じざるを得ない。

よく「日本人はおとなしすぎる」とか「冷めている」とか言われるが、国益の為、又、国民の為に
許せない事に対しては、やはり堂々と一致団結し、民の力で、国を動かすほどの「国民力」
が今必要なのでは? 

青山、銀座あたりの側道を同じ文句を繰り返し伝えながら、旗を持ってゆっくり練り歩いている、パフォーマンスをたまに見るが、あれで何かが変わるのか?

俺は間違っても過激派ではないが、どうも日本人は「眠っている」様にしか思えない。
by seijitsushimi | 2011-08-02 10:45
<< なにわのワイナリー。Vol.1 塩尻の父。 >>