九州ワイン紀行 その1 都農ワイナリー編

b0206074_1441254.jpg

そもそもなんで俺が九州九州って騒いでるのか?

ウマいのよ。ワインが。九州産が。

で、なんで?南で?暖かいでしょ?という話になる。

こりゃ誰に聞いても答えは出んし、自分で、この目で、この耳で確かめてこにゃいけん!

ちゅうわけよ。

広島生まれのわしが、福岡までは確か出かけたことはあったが、それ以南は今回が初めて。

あくまで仕事とは言え、ちょっとした旅になる2泊3日。

羽田発の一番早い宮崎行きで宮崎に向うた。

b0206074_14413329.jpg

今回は、どうやら3日とも天気には恵まれんらしい。

まあ、観光でもないし、畑が見れりゃええし。

しかし宮崎は南国の風情を感じるフェニックスの風景が、この時期の雨と寒さで、

なんかピンとこんなぁ。

宮崎の空港へ着くと今回同行いただく、うちの主力酒販店さん、「いまでや」さん3名と合流。

車を一台にまとめ、まずはその足で、本日の目的地の一つ、

都農ワイナリーさんへと国道をひた走る。

「どげんかせんといかん!。」イメージの宮崎だが、何とものどかで、豊かなお国に見える。


b0206074_1447466.jpg

午前中には都農ワイナリーに到着。何とも標高の高げな、実際に寒かったのぉ。

駐車場はもちろん、レストラン 売店その他、観光地としての客を楽しませる施設が

整っている。高地にあるために、天気がいいと展望も非常によさそう。

おっ!!。やっぱりキャンベルアーリーじゃね。

b0206074_14422367.jpg


都農のワインを支える工場長の小畑さん、そして縁の下の力持ちで、いまや都農ワインの顔

ともいえる副工場長の赤尾さん。

今回小畑さんは家族の住む沖縄へ帰省中とかでお会いすることは出来なかったが、

赤尾さんには色々とお話を伺うことができ、夜の宴もご一緒していただくことができた。

日本を代表するハリウッドスター、我らが渡辺健にちょっと似た、いい男じゃろぅ。

b0206074_14481210.jpg


なんか九州男児っぽくてかっこええじゃろう。赤尾さんは18歳からワイン作りの道へ入り、

今に至る、全くぶれない、本間もんの男じゃね。それでも話していると、全体から、人柄の温かさと

優しさが伝わってくる。そういう感じ。好印象じゃね。

もちろんワイン作りに賭ける情熱も人並みではない。職人よ。

ピノ・ノワールの畑にて。九州でピノ作りに挑戦じゃ。すごいわほんまに。

b0206074_14484163.jpg


九州の葡萄畑にはもれなくレインカット(雨除けのシート)が施してある。

御承知の通り、雨が多いんじゃね。九州は。

b0206074_1451248.jpg


新たに仕込み始めているシャルドネスパークリングワイン。空いてるスペースを

有効利用。動瓶用の板も手作りっぽくてええねぇ。まさに日本人的じゃ。

世に出るのはいつじゃろ。

確か1000本ゆうとったなぁ。楽しみじゃね。赤尾さん、「TSUSHIMI」にも

よろしくよ。(笑)

b0206074_14534819.jpg


これこれ。 ちょっと専門的じゃけど、従来のワインの木製コルクと、

ゾルク(ZORKU?)っちゅうて、最新のポロプロピレンかなんかでできた栓で、

”ブショネ”に代表されるように、ワインに与える影響を時径でグラフにしたもの。

コストなどの問題もあり、なかなかよく研究されている。さすがプロやね。

b0206074_1454741.jpg


これがそのゾルク栓。くるくる回して、手で抜栓出来る仕組みになっていて

そのままコクル栓のように使える仕組み。


b0206074_14543144.jpg


これはあらかじめ話にか聞いていたけど、凄いわぁ赤尾さん。
ようやったわぁ。 え? 何かって?

要するに、葡萄の発育状況を毎日、同じ場所の同じ地点を観察し、月の満ち欠け、
天気、気温に至るまで、詳細に、それこそほとんど休むことなく記録し続けているもの。

おそらく、他にここまで詳細に几帳面に記録が取られていて、さらにはこのデータを
翌年のものと比較し栽培の技術に役立てているのは他に例がないだろう。

ものづくりの匠の鏡じゃね。

ど素人の我々がウンチク語ることにも恥を知らんといかんね。ほんまに。

まさに本物じゃね。わしの好きな。

b0206074_14552766.jpg


あちこちのワイナリーでよく見かける、小仕込み用の搾汁機じゃね。手動よ。
b0206074_1455527.jpg


樽で熟成中のワインたち。ええ香りじゃわい。

b0206074_1456508.jpg


でたぁ~。ロボコン。ドイツ製の蒸留機。フラッグシップのキャンベルアーリー
で、蒸留酒を作るらしい。
絶対に美味い思うよ。香りもいい。

b0206074_14572037.jpg


畑から戻って試飲をいただきました。
今回のわし主催のワイン会「九州のワインがなぜうまい!?」に出品する特別限定ワインを
おねだりしています。

どれも本当に美味しい。

後ろには都農ワインを世界に知らしめた英国のワイン辞典「WINES REPORT」が・・・。

b0206074_21595474.jpg


この日の夜は宮崎市内の地鶏屋さんで赤尾さんも交えていまでやチームと

宴をやりました。

2次会?の宮崎ラーメンやさんにて。 小倉専務と赤尾さん。
もう出来上がってるね。(*^_^*)

b0206074_226364.jpg


今回の宮崎ツアーで、運転も担当してくれた、いまでや最強ワインチームの古株
山本さん(右)といまでやの秘密兵器、ソムリエ片岡さん、本当にお疲れさまでした。!!


今回の九州一周ワイン紀行、第一弾の都農ワインさん。
残念ながら工場長の小畑さんにはお会いできなかったが、いまや、都農ワインの”顔”
である赤尾さんの色々な話を聞けたことが今回の旅の最高の出だしになった。

「地元で愛されるワインをこれからも作り続けたい」という言葉が今も心に残る。

18歳でワイン作りの世界へ。 容易なことではなかったろうが、そのひたむきと一途さが、
今の彼の位置を築き上げているのだ。

宮崎の山の中のワイナリーが、世界へと羽ばたいた。これは奇跡でも、偶然でもない。
まさにワイン作りに向けた、このひたむきな情熱が、気象条件の決して良くないこの地で
実を結び、見事に花開いたのだ。

5月に東京に来ていただけることになった。
是非、またみなさんに宮崎の地ワインと都農の地男、赤尾誠二の愉快で熱い話を楽しんでいただく
機会を是非設けたいと思う。お楽しみに~~。

ほいじゃぁ。バイバイ!。

次は「神様のワイン」都城ワインです。
by seijitsushimi | 2012-02-23 14:58
<< 御無沙汰しています。 アートなる自然薯・・・。 >>