人気ブログランキング |

いよいよ当日の朝が来...

b0206074_08464290.jpg
おはようございます。
癌の摘出手術の日。
これまでの治療も入院もすべて今日の日のためのものだった。

前回の退院以降も沢山の友人や知人が心配してくれてメッセージをくれた。本当に感謝しかない。だから少しでも今の状況をお伝えできればなと。

今はとても元気です。一昨日から絶食しているので昨日は空腹で一日中「おなかすいたぁ」って言ってたけど、もう今はその感覚も無くなった。

入院も昨日のうちに終えて下剤を飲んだり、看護師から手術に向けての色々な準備や手術後の状況の説明をうけた。
その色々なプロセスからも今回の病気が「癌」という重いものだということをひしひしと感じさせられた。

今回の手術には私にとって(もちろん主治医にとっても)とても大きなハードルがある。
それは肛門を温存できるか?ということ。
患部が肛門にとても近いところにあるために癌細胞の摘出がとても難しいという。

親から授かった大切な体のほんの一部でも切り取られるということはとても残念で悲しい事。
ましてや、代わりに人工肛門という割と厄介なものを常に装着して生活していかなければならないこと。
そうなれば私も「障害者」となってしまう。

可能性はこれまでにも医師から告げられていたが、昨日、主治医との術前面談で、
改めて今回の手術が肛門温存には極めて困難な手術であること。
そして温存できたとしても機能障害が残る可能性があるということを再度通告された。
2リットルの気持ちの悪い下剤をのみながら聞いた時には私の精神状態はマックスに最悪だった。
さらには、いずれの判断も処置も私が麻酔から目覚めたときにはすべて終わってしまっているということだ。

もうまな板の鯉状態!?

あきらめて開き直るしかない。

それよりも「お腹すいたぁ~」と連呼する私に嫁が「ショックではないのか?」と驚いていたくらい実感がわかなかったのだろう。

今日を境に私の人生観も生活スタイルも大きく変わるかもしれない。

もちろん私にとって大きなステッップアップとなるだろう。

人生に「第2」なんてものがあるとすれば今日からのスタートになるのかもしれない。

あと20分で手術室に向かいます。

ではまた。


都志見セイジ












by seijitsushimi | 2019-03-18 06:53
<< 沢山の皆様の励ましや... 「箸」と「気持ち」。 >>