人気ブログランキング |

半年ぶりにウンチとオナラがお尻から出た!

東京の梅雨明けと共に私の健康も梅雨明けです!

今月の22日から今年に入って2度目の入院をしました。今回の病気では通算3度目になりますが。

今回は予定内の手術入院。
3月の直腸切除と小腸からの装具取り付け手術から約5ヶ月。
経過も良好ということで、装具を取り外し、小腸を閉じて大腸を開通させ、
もとのお通じのできる状態に戻すという、割りと簡単な手術(もちろんこれは医師側の見解です(笑))でした。

手術とは何度やっても大小に関わらず恐ろしいもので。
ただ、医学の進歩により、始まってしまえば全身麻酔で全く感じないまま終わってしまいます。

9時間かかった前回の手術に比べると今回は3時間ほどの手術でした。(それでも長い。)

ただ手術の痛みはあとから来るもので、今回もかなりの痛みが襲いかかりました。

前回よりも切ったお腹の面積は大きく、さらに約半年使用していなかった臓器がある日突然働き始めるのだから、体が予期せぬ反応をし、痛みを引き起こします。

正直、本当に予定の1週間で退院し、直ぐに仕事復帰できるのか?
心配でした。

しかし、本当に人間の体ってすごいもので、日に日に回復し、ガスも、お通じも、ちゃんとお尻からできるようになり、同時に傷の痛みも大分癒えてきました。

そしていよいよ明日退院許可が出ました、
これで、途中、仕事復帰はしていましたが、10ヶ月に渡る一連の治療はとりあえず終わり、後は経年の検査と自分との闘いになります。

癌の完治は最低5年と言われており、それまではこれまでの生活週間を断ち切っていかねばなりません。

家族や友人、知人にこれまで迷惑や心配をかけた分、必ずや「最低でも完治」を目指します。

そしてこれからも、元気に仕事を続けながら、今回の私のプチ体験で、少しでも同じ様な病気や治療で苦しむ患者さんたちのお役にたてる場面があれば嬉しく思っています。

私は今回もらった残りの人生の時間とこの体で、これからおもいっきり楽しみます‼️

ご心配いただいた沢山の皆様。
本当に本当に感謝しかありません。
ありがとうございました❗️。
b0206074_12032043.jpg

手術後で、まだあちこち痛いころですね〰️。

b0206074_12020681.jpg

看護師に隠れて闇おにぎり。これがお尻から出てくる喜び。

b0206074_12043066.jpg

手術がうまくいった喜びにしばし浸っております。

以上。




by seijitsushimi | 2019-07-29 11:11
これで元気になってます!! >>