人気ブログランキング |

2014年 09月 21日 ( 1 )

矢沢永吉という男・・・。

本を代表するロックミュージシャン。

という紹介のされ方をよくする。

確かに間違ってはないと思うが、私はロックミュージシャンという見方よりも

「男」として彼の事は本当に素晴らしいといつも思う。


昔、ある料理雑誌で、私のプロフィールに「矢沢永吉のファンである」

と書かれたことをきっかけに、よく、当時のお客さんに「矢沢が好きなんですよね」

と聞かれた。同じ広島出身ということもあったのか?


確かに好きではあったし、音楽もキャロル時代からよく聞いていた。

が、多少大人になってからは、なんか矢沢永吉が好きということに

少し抵抗もあったりした気がする。

コンサートは暴走族だらけだし、なんか風呂上りでもないのに

皆バスタオルもってリーゼントで、ワンパターン。

音楽聞くというよりも、騒ぎに行く感じ。


ん??

俺はファンだけど、いわゆるこういうファンとは違うぞ。

コンサートは生涯で2回、それも広島でしか観てないし、

バスタオルも買ったことない。

で、ずっと、彼の活動と活躍ぶりはは遠くから見ていたが、

それ以上に私の中で盛り上がることはなかった。



そして、ここ数か月、You Tubeなんかで、矢沢の昔から

現在に至る彼の軌跡や言動、音楽に再び触れるようなったことが

きっかけで、彼の事が本当の意味で好きになった。

凄いと思う。素晴らしいと思う。

彼のエネルギーは並の男は持ち合わせない。

確か私とは一回り違う64歳。

最近は「Z's」なる若者ミュージシャンとのバンド結成、

TGC(トウキョーガールズコレクション)に出演している。

まさにとどまるところを知らない。


芸能人の中にも矢沢ファンはたくさんいるが、音楽性も

さることながら、こういう「男」の衰えを知らないカッコいい生き様に

影響され、自信を貰うんだろうね。


私なりに矢沢論を語るとするならば、オリジナルであることと、

やりきる、言い切る(自信)というこの2点に尽きる。

音楽家の中では、井上陽水や、中島みゆき、サザンなども

オリジナルの部分では不動の存在だよね。


このオリジナルと自信の2つを兼ね備えていれば、どの世界でも矢沢になれるんじゃ??



よし、ぶちかまそう!!(笑)
by seijitsushimi | 2014-09-21 21:33